このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

AIによるコンテンツ著作権侵害抑止サービス「RighTect」

with/afterコロナ時代に加速するDX(デジタルトランスフォーメーション)に対応、健全なコンテンツの流通に貢献

 “データの一歩先へ”をコンセプトとして、データとAIの活用により新たなビジネス価値をデザインする事業に取り組むd.a.t.株式会社(東京都千代田区、代表取締役:藤本 浩司/新原 崇之/西海 孝、以下:d.a.t.)は、無断でWeb上に複製・転載されているコンテンツホルダー企業のデジタルコンテンツについて、AIが自動で検知し、削除申請までをサポートする、AIによるコンテンツ著作権侵害抑止サービス「RighTect」(読み方:ライテクト)をリリースしたことを、本日発表いたしました。with/afterコロナ時代においては、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中で、自社の保有するコンテンツなどの情報資産を積極的にオンラインで活用・公開する動きが増加することが予想され、d.a.t.は「RighTect」を通じ、コンテンツ権利侵害対策強化の一助となることを目指します。




【報道資料】
2020年7月7日
d.a.t.株式会社

with/afterコロナ時代に加速するDX(デジタルトランスフォーメーション)に対応
健全なコンテンツの流通に貢献する
AIによるコンテンツ著作権侵害抑止サービス「RighTect」

 “データの一歩先へ”をコンセプトとして、データとAIの活用により新たなビジネス価値をデザインする事業に取り組むd.a.t.株式会社(東京都千代田区、代表取締役:藤本 浩司/新原 崇之/西海 孝、以下:d.a.t.)は、無断でWeb上に複製・転載されているコンテンツホルダー企業のデジタルコンテンツについて、AIが自動で検知し、削除申請までをサポートする、AIによるコンテンツ著作権侵害抑止サービス「RighTect」(読み方:ライテクト)をリリースしたことを、本日発表いたしました。with/afterコロナ時代においては、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中で、自社の保有するコンテンツなどの情報資産を積極的にオンラインで活用・公開する動きが増加することが予想され、d.a.t.は「RighTect」を通じ、コンテンツ権利侵害対策強化の一助となることを目指します。


「RighTect」の全体像

[画像1: https://prtimes.jp/i/60760/2/resize/d60760-2-383841-0.png ]


「RighTect」画面イメージ ※画面は開発中のものです


[画像2: https://prtimes.jp/i/60760/2/resize/d60760-2-276565-1.png ]


■「RighTect」が生まれた背景:コンテンツホルダーの課題
 昨今、コンテンツがインターネット上に複製され、著作権侵害とみられるケースが増加しています。コンテンツの所有者、文章や映像などの情報(コンテンツ)に関する著作権などの諸権利を持つ、出版社、レコード会社、配給会社、テレビ局などのいわゆるコンテンツホルダーにとって、個人のブログやTwitterなどへの投稿(まとめ)、海賊版サイトへの対応は、危急の課題となっています。自社コンテンツが不正に複製・転載されていた場合でも、それらを発見し、一つずつ削除申請を行うのは膨大な時間と手間がかかり、属人的な対応には限界がありました。また、一時的に権利侵害に対応したとしても、次から次へと新たな転載コンテンツが生まれ、継続的な対応を行うのは現実的ではありません。

■日本における著作権侵害措置の動き
 EU(欧州連合)における「デジタル単一市場における著作権指令」では、現在SNSやブログ、まとめサイト運営者などのいわゆる場所貸しであるプラットフォーマー側にも、著作権侵害コンテンツをアップロードさせない努力を求めています。これまでは申請があれば対応するというスタンスであった日本においても、今後、議論が活発化する可能性があります。

■「RighTect」ソリューションによる課題解決
「RighTect」は、Web上から自動収集した写真画像、漫画画像、動画、記事テキストなどコンテンツのデータとオリジナルのコンテンツデータを独自の識別AIを用いてマッチングすることにより、高い精度で不正に転載されているコンテンツを自動で検知し、著作権の侵害抑止に役立てることが可能です。

■「RighTect」独自に開発したアルゴリズム識別AI
 識別AIは当社d.a.t.が独自に開発したアルゴリズムです。以下は画像識別の例です。元画像を加工したり一部を切り取った画像、元画像をスマートフォンで撮影した画像についても同一性を判定することが可能です。(類似画像の検出とは根本的に異なる技術です)

左右反転、トリミング、カラー変更の同一性判定


[画像3: https://prtimes.jp/i/60760/2/resize/d60760-2-995587-2.png ]



別の画像の挿入やコラージュ加工の同一性判定


[画像4: https://prtimes.jp/i/60760/2/resize/d60760-2-641314-3.png ]



画像の一部切り抜き、スマホ撮影画像の同一性判定


[画像5: https://prtimes.jp/i/60760/2/resize/d60760-2-122985-4.png ]


 事前に当社内で実施したPoC(Proof of Concept)において、オリジナルの写真画像・漫画画像コンテンツに対し、それらを加工した画像で同一性を判定させ、95%以上の精度で一致を検出しています。

■「RighTect」運用フロー例
コンテンツの事前登録
対象のコンテンツを画面上から事前登録
クローリング設定・収集
検索サイトにおける検索結果、特定サイトのURL等条件を指定してコンテンツをクローリング、目的のコンテンツを「RighTect」が自動収集
特徴量抽出・インデックス化
データの特徴量を抽出し、特徴量データとしてコンテンツをインデックス化し保存
AIによるマッチング処理
オリジナルコンテンツの特徴量と収集コンテンツの特徴量をN:Nで高速マッチング処理し、類似度を判定するAIを活用して類似度をスコア化
結果出力
類似度判定の結果、一定のスコア以上のコンテンツとソース(URL)をモニタリング対象案件として出力

d.a.t.は「RighTect」を通じ、自社の保有するコンテンツなどの情報資産を積極的にオンラインで活用・公開する動きのwith/afterコロナ時代のデジタルトランスフォーメーションに対応し、コンテンツホルダー、プラットフォーマー、クリエイターや、オンラインでコンテンツの流通をお考えの事業者様の取組みを側面から支援し、健全なコンテンツの流通に貢献してまいります。

【「RighTect」について】
「RighTect」について詳しくはこちらをご確認ください。
https://rightect.ai/
[画像6: https://prtimes.jp/i/60760/2/resize/d60760-2-722653-5.png ]

【d.a.t.株式会社について】
 d.a.t.は“データの一歩先へ”をコンセプトとして、データとAIの活用により、新たなビジネスの価値をデザインする事業に取り組む企業です。あらゆる産業がデジタル化していく中で、当社独自のテクノロジーを用い、お客様のビジネス革新のサポート、共同での事業開発、自社サービス運営を通じ、社会に貢献していきます。

【会社概要】
会社名  : d.a.t.株式会社
所在地  : 〒102-0082 東京都千代田区五番町2-24
代表取締役: 藤本 浩司/新原 崇之/西海 孝
TEL   : 03-6380-9555
設立日  : 2015年5月27日
URL   : https://dat.co.jp/
PRTIMESリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る