このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

日本オラクルと日本ネットワーク・アプライアンス企業の内部統制強化の支援に向けドキュメント・ライフサイクルにおいて協業

?オラクルのコラボレーティブ・アプリケーション「Oracle Collaboration Suite 10g」とネットアップのストレージ・ソリューション「NetApp SnapLock」の連携を実現?
 日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町4-1 代表取締役社長:新宅正明、以下日本オラクル)と日本ネットワーク・アプライアンス株式会社(本社:東京都港区虎ノ門4-1-8 代表取締役社長:鈴木康正、以下ネットアップ)は、ドキュメント・ライフサイクルの分野で協業することを発表します。
同協業によって、日本オラクルのコラボレーティブ・アプリケーション「Oracle Collaboration Suite 10g」とネットアップのストレージ・ソリューション「NetApp® SnapLock™」の連携を実現し、厳格なドキュメント管理による企業の内部統制強化を支援します。両製品の販売は、両社の販売代理店を通して行われます。

 現在、通称日本版SOX法の施行に向けて、企業の内部統制強化が重要な課題となっています。企業が、内部統制を強化する際には、厳格な社内文書の管理を実現するIT基盤の整備が必須となっています。こうした要件への企業の取り組みを支援するため、日本オラクルとネットアップは、データを改ざん不能にするレコード管理機能を備えた「Oracle Collaboration Suite 10g」と、厳格なデータ保管機能を備えた「NetApp SnapLock」の連携を実現させました。

 オラクルが提供する「Oracle Collaboration Suite 10g」は、企業内のファイルサーバーやPC上に散在しているデータをセキュアに一元管理したり、個々のユーザーが簡単にデータの管理を行ったりユーザー間でデータの共有や活用を行う機能である「Oracle Content Services」を備えたコラボレーティブ・アプリケーションです。このアプリケーションの新バージョンには、レコード管理機能「Oracle Records Management」がオプション機能として備えられ、ドキュメントを読み取り専用のドキュメント(レコード)として管理することができます。一方、ネットアップの「NetApp SnapLock」にはデータ保管機能(WORM - Write Once / Read Many)が実装され、この機能によってハードディスク上のドキュメントの消去や上書きを一切不可能にします。これらの製品を連携させることにより、ドキュメントの作成から破棄までのドキュメント・ライフサイクルをシームレスに厳格管理することが可能になるので、内部統制で必要とされるような厳しい要件にもたえうることができます。

また、オラクルは、2006年1月11日より出荷開始したオラクルのシステム統合管理ツールの最新バージョン「Oracle Enterprise Manager 10g Release2 Grid Control」において、サポートする製品対象をオラクル製品だけではなくネットアップのストレージ製品にも拡張しました。同製品を活用することで、「Oracle Collaboration Suite 10g」のコンポーネントからネットアップのストレージまで一元的に管理することができます。システム管理がシームレスかつシンプルになり、内部統制を確実かつ低コストで強化し、運用することができます。

 日本オラクルとネットアップは、2006年1月24日?25日に新宿NSビルにて開催される「コンプライアンス& ITフォーラム」に出展し、「Oracle Collaboration Suite 10g」と「NetApp SnapLock」の連携ソリューションについて紹介する予定です。詳細は、<http://www.idg.co.jp/expo/cif/> をご覧ください。

■「Oracle Collaboration Suite 10g」について
「Oracle Collaboration Suite 10g」は、「Oracle Fusion Middleware」を構成するアプリケーションの一つで、「Oracle Database 10g」と「Oracle Application Server 10g」を基盤に構成されています。IdM(アイデンティティ管理)とも連携し、アクセス管理をはじめとして、各種コンテンツのセキュリティを高める機能を実装しています。さらに、現バージョンより、「Oracle Records Management」機能も追加され、データの記録管理が可能となりました。

■「Oracle Enterprise Manager 10g Release2 Grid Control」について
「Oracle Enterprise Manager 10g Release2 Grid Control」は、「Oracle Database 10g」と「Oracle Fusion Middleware」を管理、運用するための統合運用管理ツール製品です。強力なパフォーマンス・チューニング機能などデータベース管理機能をベースに、自己管理機能の強化、グリッド・コンピューティング環境におけるアプリケーション、サービス、インフラの各コンポーネントに関する管理やプロビジョニング、サービス・レベル管理、セキュリティ管理など、システムを可視化し、IT管理のコスト軽減につながる機能を実装しています。さらに対応製品をオラクル以外の製品にまで拡張し、ストレージ機器なども含めた統合管理が可能となりました。

■ 「NetApp SnapLock」について
「NetApp SnapLock」はネットアップストレージシステム上で稼動するソフトウェアオプションです。「NetApp SnapLock」は、オンラインアクセスが可能な状態で長期間維持する必要がある重要なデータやビジネス・レコードを、改ざん、消去および上書き不可能な状態で保持する機能(WORM - Write Once / Read Many)を提供します。高いデータ検索/取得のパフォーマンスと信頼性を備え、管理コストの面でもテープや光学ストレージより低い TCO を実現します。また、CIFS や NFS などの業界標準のオープン・プロトコルを使用しているため、ユーザーは容易にビジネス・レコードにアクセスでき、サードパーティ・アプリケーションを提供するベンダーは、シンプル、シームレス、かつ迅速にテクノロジを統合できます。

日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数1,502名。(2005年11月末)

ネットワーク・アプライアンスについて
ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)社は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992年の創立以来、ネットアップ社は、「シンプル」なデータ管理を実現するテクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、www-jp.netapp.com <http://www-jp.netapp.com/>をご覧ください。





Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。NetApp、ネットアップ社のロゴおよびデザインは、米国およびその他の国におけるNetwork Appliance, Inc.の登録商標であり、Network Appliance、SnapLockは、米国およびその他の国におけるNetwork Appliance, Inc.の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。
News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
ブロードバンドセキュリティ
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る