このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

「NYダウは週末に続落なら下げ幅が大きくなる公算か」 伊藤智洋氏による実践テクニカル分析レポート 【ドットコモディティ】

ドットコモディティ株式会社(本社:東京渋谷区・代表取締役社長 舟田仁)では、年間2500本以上の商品先物レポート配信実績を誇る「RIGOO.NET(リグードットネット」から、お客様向けに毎日レポートを執筆している専門家による情報を掲載してまいります。

今回は毎週2回(月曜日と木曜日)日経平均株価やドル・円為替相場の動向分析を執筆いただいております伊藤智洋氏のレポート内容を掲載します。
伊藤智洋氏による実践的なテクニカル分析指標の使い方の解説レポートは、単純に『売り』『買い』といった売買サインの見方だけではなくそれぞれのテクニカル指標をいかに有効に使っていくのかといったノウハウが満載です。また、季節要因、サイクル、サヤなど商品相場を読み解く上で必要となるテクニックとなりますので、ぜひ一度各コンテンツをご覧下さい。
なお、本レポート(チャート・データつき)については当社サイト「RIGOO.NET(リグードットネット)」からもご覧になれます。  http://www.rigoo.net/ito.html

(7月30日更新分)
 NYダウは、7月24日以降、上値重く推移しています。
この動きが小幅調整なら、調整の始点となっている7月24日から数えて3営業日目となる7月28日につけた安値9007ドルは調整の終点の押し目になるという見方ができます。
(途中 チャート紹介)
そうであれば、9007ドルをつけた後の価格は上昇の流れへ入っているはずなので、目先は一段高を目指す展開になる公算です。
一方で、目先の価格が続落すると、最近のもみ合いが小幅調整と見れなくなります。
そうなると、その後は6月11日〜7月8日までの下げ幅と同程度(791ドル下げ)の下げ場面(下値の目安が8334ドル前後)になるか、上昇の始点となっている7月8日の安値8087ドルを目指す可能性が出てきます。
 

1)本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
2)本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

■ドットコモディティについて
ドットコモディティ株式会社
所在地 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51ビル6F

■事業内容
商品先物取引受託業務

■関連URL
http://www.commodity.co.jp/

News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
キングソフト インターネットセキュリティ
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る