このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

Supreme ElectronicsがOracle EBSおよびDatabaseソフトウェアの保守サポートをリミニストリートに切り替え

台湾の大手電子部品販売代理店が、Oracleの年間保守サポート費用を削減し、フルサポートを受けるためだけのアップグレードは止め、年間保守サポート料金も削減

エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスを世界的に提供する、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートの業界リーダーで、SalesforceのパートナーであるRimini Street, Inc.(Nasdaq:RMNI)は、本日、台湾の大手電子部品販売代理店であるSupreme Electronicsが、Oracle E-Business SuiteアプリケーションおよびOracle Databaseソフトウェアのサポートをリミニストリートに切り替えたことを発表しました。

2020年6月16日、ラスベガス – エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスを世界的に提供する、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートの業界リーダーで、SalesforceのパートナーであるRimini Street, Inc.(Nasdaq:RMNI)は、本日、台湾の大手電子部品販売代理店であるSupreme Electronicsが、Oracle E-Business SuiteアプリケーションおよびOracle Databaseソフトウェアのサポートをリミニストリートに切り替えたことを発表しました。Supreme Electronicsは、サポートをリミニストリートに切り替えたことで、年間の保守サポート費用を即座に50%削減することができました。また、これまでベンダーからは受けられなかったような、非常に応答の早いプレミアムレベルのサポートを受けることができるようになりました。同社は、Oracleソフトウェアのアップグレードについて評価を行ってきましたが、追加コストやビジネスの中断を正当化できるだけの新しく具体的なビジネス価値を見出すことができませんでした。リミニストリートの第三者保守サポートの下で、同社は、現在のOracleソフトウェアリリースを少なくとも15年間、アップグレードや移行の心配をせずに運用できるようになりました。


デューディリジェンスにより確認されたリミニストリートの実績のある保守サポートモデル
1987年に設立されたSupreme Electronicsは、台湾第3位の電子部品販売代理店であり、中国や東南アジアでも事業を拡大しています。同社では、堅牢なOracleアプリケーションとDatabaseソフトウェアを利用して、部品の販売管理や競争の激しい市場での販売機会の開拓を行うチームの支援を行っています。Supreme Electronicsは、Oracleの保守サポートに支払っている高額な費用を削減する方法や、ベンダーから受けているサポートよりも応答の早い高品質なサポートを探し求めた結果、第三者保守サポートにたどり着きました。Supreme Electronicsは、リミニストリートと模擬運用を行い、ケースチケットを上げて、非常に応答の早いサポートモデルを実践してみることで、ケースがどのように迅速かつ正確に解決されるかを確認しました。最終的にいくつかのテストを成功させ、台湾の金融監督管理委員会(FSC)と国際財務報告基準(IFRS)の厳格なコンプライアンス基準を満たした後、リミニストリートはSupreme Electronicsからの信頼を勝ち得ることに成功し、同社は保守サポートをオラクルからリミニストリートに切り替えました。

「第三者保守サポートサービスの導入が成功する条件の1つは、経験豊富なプロフェッショナルのオラクル製品のシステムエンジニアに当社のIT部門に参加してもらい、エンタープライズシステムを日常的にサポートできるようにすることでした」と、Supreme Electronicsの情報および人事担当ディレクターであるJason Lue氏は述べています。「リミニストリートが提供する保守サポートサービスは、Oracleから提供されていたものよりも非常に高品質で応答が早く、さらにカスタマイズした部分のサポートや、ベンダーが提供していなかったパフォーマンスの高いサポートを提供してくれます。」

Supreme Electronicsは、現在EBS 11.5.10.2を運用していますが、新しいアップデート、修正、CPU、さらに税金、法律、規制に関する最新情報をベンダーから受けられなくなっています。現在、12.1以前のすべてのOracle E-Business Suiteリリースは、Oracleによる完全なサポートが受けられません。また、Oracle Database 11 gリリースも運用していますが、2020年末をもって、ベンダーによる完全なサポートが受けられなくなります。Supreme Electronicsは、リミニストリートの保守サポートにより、ベンダーからリミニストリートに切り替えた時点から最低15年間、現在のOracleシステムのサポートを受けることができます。


地域を基盤とした非常に応答の早いサポート
Supreme Electronicsには、リミニストリートのすべてのクライアントと同様に、専任のサポートエンジニア(プライマリーサポートエンジニア:PSE)が担当しています。このプライマリーサポートエンジニアは、Oracleソフトウェアに関して平均15年の経験を持ち、機能的なテクニカルエキスパートチームが24時間365日体制で対応しています。また、クライアントは、優先度1のお問い合わせケースには15分の応答時間という、業界をリードするリミニストリートのサービスレベル契約(SLA)を結んでいます。

「リミニストリートは細部にまで注意を払い、ERPサポートを提供するために、必要な業界知識を持ったシニアエンジニアを配属してくれています。その中には中国語が話せるエンジニアもいます。このような特化したサービスと地域的な専門知識は、ベンダーがなしえなかった問題解決に役立ちました」とLue氏は付け加えました。

「厳しい模擬運用を成功裏に完了し、Supreme Electronics社のOracle EBSおよびDatabaseソフトウェアのコンプライアンスと会計基準を満たして、同社に保守サポートを提供できることを光栄に思います」と、リミニストリートの東南アジアおよび中華圏担当地域ゼネラルマネージャーであるAndrew Seowは述べています。「多くの台湾企業は、大幅にカスタマイズされたERPシステムを運用しており、それらはベンダーから完全にはサポートされません。さらに、会計報告や財務報告に際しては、遵守すべき政府の厳しい要件があります。リミニストリートの柔軟で高度にカスタマイズされた保守サポートサービスにより、企業のミッションクリティカルなアプリケーションやソフトウェアがグローバルな要件に準拠していることが保証されます。また、不要なアップグレードや移行を回避しながら投資収益率(ROI)を最大化することが可能です。」


リミニストリートについて
リミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、エンタープライズソフトウェア製品とサービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPのソフトウェア製品に対する第三者保守サポートにおいて業界をリードしており、またSalesforceのパートナー企業でもあります。リミニストリートは、エンタープライズソフトウェアライセンシーにおいて、大幅にコストを削減し、イノベーションのために資源を自由にし、より良好な業績結果を達成することが可能となる、プレミアムで、非常に応答性が高い、統合型のアプリケーション管理およびサポートサービスを提供しています。業界を問わず、フォーチュン500のグローバル企業、中堅企業、公共セクター組織等を含む約2,100社の顧客が、信頼できるアプリケーションエンタープライズソフトウェア製品とサービスのプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細は、http://www.riministreet.comをご覧ください。またTwitter(@riministreet jp)、 Facebook、LinkedIn でリミニストリートをフォローしてください。(C-RMNI)


将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来」、「〜する」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。これらの将来見通しに関する記述は、将来的な事象、将来的な機会、グローバルでの拡大およびその他成長に関する取り組み、およびそれら取り組みへの当社の投資についての期待に関する記述を含みますが、それらに限定されません。これらの記述は、さまざまな仮定および経営陣の現時点の期待に基づいており、実際の業績を予測するものではなく、過去に関する事実に基づく記述でもありません。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。COVID-19のパンデミックの期間と当社の事業に与える経済的、業務的、財務的影響が不明であることおよびCOVID-19のパンデミックに対する政府当局、顧客または他者の対策。当社の事業、または当社の現在および将来の顧客の事業を混乱させる破局的な出来事、リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、又は新規訴訟における不利な展開。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。当社の流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。シリーズA優先株(13.00%)の条件および影響。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。近い将来に展開することが期待されている製品およびサービスに追加して、直近に発表した製品およびサービス(Application Management Service(AMS)、Rimini Street Advanced Database SecurityおよびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)の顧客の採用。リミニストリートの経営陣の終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが2020年5月7日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」に記載している事項、および適宜それら事項について将来的なForm 10-Kによる年次報告書で更新される内容、およびそれらの事項が将来的なForm 10-Qによる四半期報告書、Form 8-Kによる最新の報告書およびリミニストリートがSECに提出するその他書面に更新される事項。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

# # #

(C) 2020 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリート・インクの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、リミニストリートは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持するものでもありません。
PRTIMESリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
サイト買取
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る